世界史Civ事典

朝鮮の都市

水原
水原

朝鮮の都市名一覧

順番 Civ3 Civ4 Civ5
1   ソウル ソウル
2   ピョンヤン 釜山(プサン)
3   ウォンサン 全州(チョンジュ)
4   プサン 大邱(テグ)
5   ナムポ 平壌(ピョンヤン)
6   チェジュ 開城(ケソン)
7   ヒャンサン 水原(スウォン)
8   ウルサン 光州(クァンジュ)
9   インチョン 江陵(カンヌン)
10   ピョンソン 咸興(ハムン)
11   テジョン 原州(ウォンジュ)
12   ペガム 蔚山(ウルサン)
13   マンポ 昌原(チャンウォン)
14   ケソン 安東(アンドン)
15   チョンジュ 公州(コンジュ)
16   サリウォン 海州(ヘジュ)
17   スウォン 清州(チョンジュ)
18   ヘジュ 木浦(モッポ)
19   テグ 東豆川(トンドゥチョン)
20   チンジュ 巨済(コジェ)

朝鮮の主要都市解説

都市名 解説
ソウル 現在の韓国の首都。朝鮮半島中央に位置する要地。1394年に開城から遷都し、漢城の名で朝鮮王朝の首都となった。日韓併合後は京城と改称され、朝鮮総督府が置かれた。独立後、都市の名はソウルとなった。
全州(チョンジュ) 百済の首都が置かれた都市。朝鮮王朝の発祥の地でもある文化都市。
平壌(ピョンヤン) 現在の北朝鮮の首都。高句麗の首都。朝鮮王朝時代には西京と呼ばれた。ソウルに次ぐ工業都市。
開城(ケソン) 現在の北朝鮮南部、韓国との休戦ライン近くの都市。高麗の首都。